キャリアカウンセラーの仕事内容

キャリアカウンセラーの仕事内容では、厚生労働省が育成に力をいれているキャリアカウンセラーの主な仕事内容について解説しています。

キャリアカウンセラーの仕事とは

キャリアカウンセラーの仕事内容はコレ!

キャリアカウンセラーの仕事内容は、就職や転職など自分のキャリアプランに悩む人にその人に合った仕事やキャリアプランを提供する資格です。

それだけに専門的な知識と豊富な人生経験が必要とされる仕事でもあります。

キャリアカウンセラーは仕事に関する豊富な知識と、クライアントの特徴を理解しながら適職をプランニングするカウンセリング力が必要となります。

他にも就職・転職の際の求職スキルや日々変化する労働市場のトレンドを把握し、労働関連法規にも精通しておくことも求められます。

そんなキャリアカウンセラーの資格取得者が従事する仕事としては、ハローワークや人材派遣会社(パソナ・マンパワー)、再就職支援会社(リクルート・日本マンパワー)などがあります。

最近ではさらにキャリアカウンセラー資格取得者が働くフィールドが広がっており、大学・高校の教育機関の就職部門や、独立して各種就職セミナーやコンサルティング業務で起業する人も増えています。

また今までは産業カウンセラーが対応していた、企業内での従業員への相談対応・カウンセリングなどへの進出しています。

さらにFP(ファイナンシャルプランナー)や社労士(社会保険労務士)などの資格も併せて取得することで、キャリアプランからライフプランのカウンセリングを行う人も増えてきました。

キャリアカウンセラーの仕事内容の画像2

それだけにキャリアカウンセラーの資格取得者を募集する求人も増えています。

今までの高齢者の再雇用やニート対策の対応だけでなく、現在就労中の会社員や派遣社員が抱えるストレスや不安を解消するための相談やカウンセリングも厚生労働省は重要視しています。

キャリアカウンセラー資格を取得後は、企業内でキャリアカウンセラーの仕事で実績を積み独立して仕事に取り組む人も増えてきています。

キャリアカウンセラーの仕事は現代社会に必要とされる社会貢献度の高い仕事でもありますので、やりがいもあり試験を受けて資格取得を目指す人が増えています。

ちなみにキャリアカウンセラーの資格は国家資格ではなく民間資格です。

キャリアカウンセラーの仕事内容を具体的に知りたい場合は、リクルートや日本マンパワーのホームページでサービス内容をチェックすると具体的な仕事内容が分かります。


ライン画像

厚生労働省の情報

仕事に役立つ資格取得カタログ | YAHOO | GOOGLE