電験三種の勉強法:4科目攻略法

電験三種の勉強法:4科目攻略法では、電験三種の資格取得を目指して4科目攻略方法を紹介しています。

電験三種合格を実現するためには

電験三種の難易度と合格率

短期間で電験3種に合格する方法〜1冊の問題集で4ヶ月間で合格〜

電験三種は電気主任技術者試験のことで、資格保有者は電気工作物の工事・維持・運用者として社会的ニーズの高い資格です。

電験三種は国家資格ということもあり、難易度も高く合格率も平成19年度で9%という難関の資格です。


それだけに電験三種の保有者は少なく、当分建設業界・ビル管理業界からの求人が期待され、業界内の昇進・昇給・転職・就職に有利な資格となっています。

そんな電験三種なのですが、合格率の低さが示す通り合格基準が高い国家資格となっています。

試験問題を勉強すると共に、受験対策も必要な国家資格といえます。


もちろん電験三種の過去問や参考書を中心に暗記していく勉強法も大切ですが、4科目の受験科目をどの順番でどのように勉強していくかを決めることも必要です。

この順序を間違えると効率良く4科目の受験勉強ができません。

また、1年で4科目一発合格を目指すのか、それとも3年以内という期限を活用して2年で合格を目指すのかでも電験三種の勉強法は変わってきます。

1年で一発合格を目指すに工業高校などでの基礎知識がある場合は可能性も高まりますが、全くイチからスタートする場合は2年を目処に試験勉強を進めた方が結果として確実かもしれません。

それでは電験三種の勉強法としてどのように進めていけば良いのかを紹介していきましょう。

たった1冊の問題集を使って4ヶ月もあれば十分合格できるのです!

これまでのように分厚い参考書を何冊も買い込んで地道に辛い勉強を何年も続ける必要はありません。

★詳細はコチラから≫ 短期間で電験3種に合格する方法〜1冊の問題集で4ヶ月間で合格〜

ライン画像

電験三種の勉強法

電験三種の勉強法:4科目攻略法の画像2

電験三種の勉強法を決める際に初めに決めておきたいのは、1年で一発合格を目指すのか2〜3年掛けて合格を目指すのかということです。

例えば、工業高校での基礎知識があり、実際の仕事でも関連する業務についている場合は、一発合格を目指しましょう。

電験三種の過去問や参考書などを活用して独学で合格を目指すことも可能です。

電験三種の参考書や問題集として定評があるのは「オーム社の電験三種計算問題の完全対策」です。

この問題集をやってみてある程度攻略できそうな手応えがあれが、そのまま一発合格を目指して独学という勉強法を続けてみてもいいかもしれません。

そして電気に関する知識の無い方は勉強期間にもよりもますが、複数年の受験を目指した方が良いかもしれません。

複数年での電験三種取得を目指す場合に気になるのが、どの科目から受験していくかということです。

電験三種の4科目においてどの科目から勉強を進めるかにはいろいろな意見があります。

一般的によく言われるのが、

  • 【1年目】理論、法規
  • 【2年目】電力、機械

というパターンです。


理論は電力・機械の科目の根底となる部分なので、理論を理解していないと後の科目の理解は困難です。

理論は計算問題も多く、その考え方や公式を理解することにより短期間の学習でも合格できる可能性の高い科目です。

法規は計算よりも暗記の比率が高いので、1年目に狙う人が多いようです。

人それぞれに科目ごとの得手不得手がありますので、あくまでも参考ということになります。


また、電気に関する知識の無い方には独学よりも通信講座など専門のカリキュラムに沿ってできる学習をオススメします。

電験三種は講座を開設している教育機関が少ないのですが、ユーキャンの通信講座が実績もあり学費も比較的安いので人気です。

他にも電験三種の勉強法として講座が複数ありますので、インターネットで調べて自分に適した勉強スタイルで資格取得に取り組みましょう。

たった1冊の問題集を使って4ヶ月もあれば十分合格できるのです!

これまでのように分厚い参考書を何冊も買い込んで地道に辛い勉強を何年も続ける必要はありません。

★詳細はコチラから≫ 短期間で電験3種に合格する方法〜1冊の問題集で4ヶ月間で合格〜


ライン画像

電気関連NEWS

仕事に役立つ資格取得カタログ | YAHOO | GOOGLE