介護事務の給料は安い!?

介護事務の給料は安い!?では、介護事務の給料について情報提供をしています。介護事務の求人で募集されている仕事内容と給料を比較してみると・・・

介護事務の仕事内容と給料

介護事務の求人・仕事について

介護福祉士らくらく合格勉強法〜問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格〜

高齢化社会の到来に伴い介護関係の求人は増加傾向にあります。

また、介護保険制度などの社会的意義を背景に介護関連の下記資格も注目を集めています。

  • ケアマネージャー
  • 介護福祉士
  • ホームヘルパー
  • 介護事務

介護事務の仕事内容はレセプト作成がメイン業務です。

ケアマネージャーと連携し、

  • 介護サービスのモニタリング資料作成
  • 他事業所との連絡
  • 問い合わせや申し込みの電話対応
  • ホームヘルパーの勤怠管理

などの仕事を行っています。

介護事務の求人についても介護事業所の増加に伴い、年々介護事務の需要は増えています。

現在はケアマネージャーが兼任ですることも多い状況ではありますが、介護サービスの多様化や利用者の増加により、専門スタッフの必要性が高まっています。

それだけに今後も介護事務という職種の求人募集は増加傾向にあります。

事務職の経験を持つ方が介護事務への転職を検討するケースが多く、介護事務の資格を取得するために講座受講などで知識を得て資格試験を受ける人が増えています。

また、介護の仕事に携わる社会的意義から新卒で介護事務への就職する学生も増えてきています。

ライン画像

介護事務の給料は安い!?

介護事務の給料は安い!?の画像2

しかし介護事務の資格取得後に転職活動をするうちに不安を感じる人も多いようです。

それは介護事務の給料についてです。

介護事務の給料は一般的な営業事務などと比較すると正社員でも安いケースが多いようです。

事務職として給与比較をしても、介護事務や医療事務は決して高いといえる給料ではないかもしれません。

介護事務の給料相場としては、時給800円程度や月給14万円〜16万円などが目安となるのではないでしょうか。

もちろん職場によって給料は違いますので、あくまでも目安となります。

介護事務はケアマネージャーが兼任して行っている場合も多いので、専門職としての必要性が高まっているにも関わらず「片手間仕事」のイメージが残っていることも原因しているかと思われます。

今後は求人募集の増加傾向から給料の改善は見られると思いますが、現時点ではまだまだ給料面での不満はあるようです。

介護事務は派遣などで対応する事業所も多いため、正社員として働くにはハードルが高いかもしれません。

それだけに介護福祉士やケアマネージャーの資格とセットで介護事務の資格を取得すると、採用面や給料面でも有利になるでしょう。


ライン画像

介護に関する情報

仕事に役立つ資格取得カタログ | YAHOO | GOOGLE