日本語教師の求人募集状況

日本語教師の求人募集状況では、日本語教師の求人の探し方や求人募集の状況について情報提供しています。

日本語教師になるために必要なこと

日本語教師の求人・仕事

日本教師の求人で多いのは日本語を教える日本語学校です。

日本語教師は海外・国内と広く活躍の場が期待できます。

日本語教師の求人で求められるものとしては、

  • 日本語教育能力検定試験に合格
  • 日本語教師養成講座で420時間以上受講
  • 大学で日本語教育を主専攻または副専攻

があります。

また、求人先によっては、実務経験を重要視することもあるようです。

日本語教師とは教師だけに日本語に関する知識と同時に指導力なども必要となってきます。


日本語を教える相手が異文化の外国人の方なので、コミュニケーション能力も必要となります。

それだけに日本語教師として働いている方の話を聞くことが大切です。

日本語教師養成講座を通学で受講する方は、講師の先生が現役の日本語教師であったり大学の教授であることも多いようです。

それらの人へ直接日本語教師として求められる資質や要素を聞きだすのがよいかもしれません。

オーストラリアや韓国・アメリカ・台湾で日本語教師を目指す人が増えているようですが、それぞれの国の文化・風習・歴史観などもしっかりと認識することが大切です。

また、国内の日本語学校で日本語教師をする場合は担当する生徒の出身国がバラバラなので、授業を進める以外にも大変なことも多いかもしれません。

しかし、異国の地で日本語を学びたいという強い気持ちを持った生徒が多いので、正面から日本語教育に取り組む必要があります。

日本語教師の給料は安いという人もいるかもしれませんが、労働内容に対する対価としてはもっと評価されていいかもしれません。

ライン画像

日本語教師の求人募集の探し方

日本語教師の求人募集状況の画像2

日本語教師の求人募集の探し方としては、一番確立が高いのは日本語教師養成講座などへ通学した専門学校の講師からの紹介や学校からの斡旋です。

また、通信教育で受講した場合でも、その通信講座を運営している企業から紹介されるケースもあります。

ただし確実に紹介されるということもありませんので、受講したからといって安心していてはいけません。

自分で日本語教師の求人募集を探すことも可能で、インターネットで求人募集を検索すると多数の仕事が見つかります。

コネと自力の両方で日本語教師の求人を探せるようにしておきましょう。


ライン画像

日本について

仕事に役立つ資格取得カタログ | YAHOO | GOOGLE