ウェディングプランナーの給料と仕事内容

ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの違いとは?では給料や求人・採用情報や仕事内容について情報提供しています。

ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの違いとは?

ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの違い

一生に一度の結婚式をプランニングする仕事にウェディングプランナーとブライダルコーディネーターがあります。

新しい人生の門出をサポートする仕事内容が人気の仕事です。

でも、両方ともよく聞く名称ですが、ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの違いって何でしょうか?

このような疑問を持つ人も多いようです。

そもそもウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの違いについては、仕事内容自体には大きな違いはありません。

現実的には式場や会社によって呼び名が違う程度であるというふうに考えても問題はありません。

幸せな挙式作りに向けて新郎新婦と一緒に結婚式を作り上げていく仕事です。

ウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの主な仕事内容は、

  • ご来場のお客様との打ち合わせ
  • お申込み手続き
  • 結納やご両家お顔合わせについての打合せ
  • 衣装合わせ予約
  • 招待状作成
  • メイクカウンセリング
  • 中間打合せ
  • 手配・発注
  • 最終打合せ
  • 挙式全体の総チェック
  • 挙式当日対応

となります。


ウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの給料は安いという話もありますが、これは仕事内容に見合った給料ではないという状況である場合が多いということです。

幸せをプロデュースするというやりがいのある仕事ではありますが、仕事内容が多く給料・年収が安いという現実もあります。

ライン画像

ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターになる準備

ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの違いとは?の画像2

ウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの仕事をするにはどのような準備が必要でしょうか?

よくウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの資格が必要かと言われますが、現実的にはそうでもありません。

ホテルや挙式場に就職・転職して、社内のウエディング部門に配属されればウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの仕事ができる可能性はあります。

しかし、ウェディング部門にもたくさんの仕事がありますので、希望通りプランナーの仕事ができるかどうかはその時の部門の状況にもよります。

ホテルや結婚式場の求人にウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの採用情報があれば募集されているのでチャンスです。

求人募集に応募する際に資格を持っていたほうが有利と思われるかもしれませんが、絶対的な有利にはなりません。

接客業や結婚式場での職務経験の方が優遇される場合がありますし、専門学校よりも大学卒業の方が採用に有利な場合もあります。

求人をしている企業によって異なりますので、採用情報に明記されている求人条件で詳細を確認してください。

しかし、結婚式場などで業務経験の無い人にとっては、ウェディングプランナーとブライダルコーディネーターの資格がアピールポイントになります。

それにブライダルについての知識は必要ですので、資格取得をすること自体は必要です。

ウェディングプランナーやブライダルコーディネーターの資格取得には、通信講座や通学講座で学ぶ方法があります。

自分に合った資格取得方法で勉強してみましょう。

資格取得についての詳細はインターネットなどで専門学校や通信教育の情報がありますので、そちらをチェックして費用や期間を確認しましょう。


ライン画像

結婚情報

仕事に役立つ資格取得カタログ | YAHOO | GOOGLE